雑誌 保管

雑誌の重さで、壁が割れた!

36歳男性、実家ぐらしです。

 

2階に置いてる雑誌の重さで床が抜けそうです。

 

床の間の壁にはヒビが入って、家が2つに割れるんじゃないかという恐怖におののいています。

 

でも、雑誌は単行本と違って、一度捨てたら二度と手に入らない。

 

ラ製こと「ラジオの製作」や、ベーマガ、ログインなどの私の青春とも言える古いコンピュータ雑誌。空気に触れて黄ばみが進行しないよう、雑誌ケースに入れて大事に保管してあります。

 

簡単には捨てられないのです。

本で床が抜けるなんて

ときおり、ピキッと音を立てる私の部屋。

 

雑誌の重みが、ゆっくりゆっくり、家を破壊しているのです。

 

本で床が抜けるなんて、そんな漫画みたいなことあるわけない。私はそう思っていました。

 

でも、これを見てしまったのです。

 

第1回 本で床は抜けるのか « マガジン航[kɔː]

 

本にもなってます。

 

本で床は抜けるのか

 

床抜け事件。言葉の間抜けさとは裏腹に、現実になると相当怖いです。

 

私の部屋の真下はキッチン。天ぷら揚げてる母親の上に、天井が私と一緒に落ちてくる…洒落になりません。

 

壁割れからもわかるように、床抜け事件へのカウントダウンは進んでいるのです。

 

私は覚悟を決めました。このさき、結婚したら新居にあの雑誌は持ち込めないでしょう。

 

よし、電子化して、パソコンで読もう。そう思いました。

 

雑誌を裁断して、スキャンして、PDF化してパソコンやスマホで読む。

 

自炊というやつです。

雑誌の電子化へ

雑誌の自炊のため、本格的な機材を揃えることになりました。

 

当初はキンコーズに通って、裁断とスキャンを済ませようと思っていたんです。

 

だけど、キンコーズの裁断は、なんだか切断面が汚い。刃の切れ味が、そんなに良くないのかも知れません。

 

また、雑誌は著作物ということで、スキャンが出来ません。(キンコーズの規程)

 

がーんです。

 

本を渡せば電子化してくれるという便利な「自炊業者」もあるようですが、多発するトラブルを聞いていると、頼む気にはなれません。

 

やっぱり自炊は、自力でやるしかない。

 

そこでこれらを購入しました。

 

自炊マニアの間でも評判の切れ味をほこる裁断機
プラス 裁断機 コンパクト断裁機 PK-113 裁断幅A4タテ 26-310

 

自炊の定番、50枚一気に高速裏表スキャン
富士通 ScanSnap iX500

 

けっこうな出費でしたが、私の青春の証とも言える雑誌のためです。

 

PDF化は、JPEG to PDFというフリーウェアを使っています。英語版で一般向けではないかも。

 

結果、30分~1時間で一冊の雑誌をPDF化することができました。

 

PDFのサイズが大きくて、開くのとめくるのに時間がかかります。パーフェクトじゃないけど、しょうがない。想定内です。

 

でも、ここで想定外の大問題が発覚しました。

自炊がぜんぜん終わらない!

私の所有する雑誌は、300冊以上。

 

平日は仕事の関係で、自炊はしていられません。自炊作業は土日になります。

 

土日で6~7冊ほどの自炊をこなしていくとして、作業完了までには、約1年かかります。

 

1年もの間、両親をごまかし続けるのはムリです。

 

そこで、保管スペースを借りました。

 

最初は、本を置くんだからということで「美術品を保管するレベルのトランクルーム」を考えていました。

 

でも、お高い。

 

仮置きするだけなのだから、保存用のプラスチックのケースに雑誌を入れて、近くの屋外コンテナに預けることにしました。

 

下見に行ってみると、思ったよりも密閉性があります。

 

料金は、室内トランクルームに比べると激安。

 

万が一を考えて、保管ボックスにシリカゲルを入れ、床には、すのこを置きました。

 

苦労したのは、自宅からコンテナへの運搬です。

 

父の車を借りて、3週に分けて運びました。

 

父も手伝ってくれたのですが、運んでいる最中に腰を痛めてぎっくり腰になってしまい、それ以降は私が1人で運搬しました。

 

体が痛い。私の腰もヤバイ。運動不足を痛感です。

 

家には約100冊ほど残しておいて、自炊が完了したらコンテナから本を運んでくるというわけです。

 

自炊が完了して、バラバラになった雑誌を見ると少し悲しい気持ちになりましたが、仕方ありません。スキャンデータはバックアップを取って、絶対無くさないようにしないといけないと思いました。

 

思いましたが、ファイルの総容量が2テラを超えたあたりから、無理だバックアップ無理だ…と諦めました。

自炊完了?

6ヶ月経過し、雑誌の量はかなり減りました。

 

減りましたが、まだ半分なのかと思うと気が遠くなります。

 

でも…床抜け事件が起こらなくてよかった…と思いつつ、残りの雑誌を自炊しています。

 

 

※今回利用したコンテナはこちら。

>>>ハローストレージ 特集ページへ

page top