スキー 収納

スキー板の収納方法

34歳女性です。

 

夫が部屋においているスキー板が、すごく臭いのです。

 

3月に入って、夫がスキー板にワックスを塗って、部屋に保管しています。

 

甘いような、夏の日焼け止めオイルのようなにおい。

 

カーテンや布団にもにおいが染み付いて、頭が痛くなってきます。

 

どうにかする方法は無いんでしょうか?

スキーのワックス臭がひどい

夫の趣味は理解しています。

 

毎日遅くまで仕事してる夫に、せめて好きな趣味くらいはさせてあげたい。

 

でも臭いんです。スキーのワックスのにおいが、じわじわと家の中に充満してくるみたいです。

 

シンナーのように、健康に被害がないかどうかも心配です。

 

ワックスのにおいが辛い、と夫に伝えましたところ、最初は「そうかな?そんなににおう?」と疑っていました。夫にとっては好きなにおいで、気にならないのかも知れません。

 

どこかに預かってくれるところはないかと、近所のトランクルームに見学に行きました。

 

ですが、基本、においがするものは預かれないとのこと。

 

何重にも袋に入れれば良さそうだったのですが、スキー道具を預けるだけだと割高に感じます。

 

半年間無料などのキャンペーンをやっているそうですが、今回は見送りました。

 

見学に行ったトランクルームは、ハローストレージというところ。

>>>ハローストレージ 特集ページへ

スキー板を預かってくれるサービス

夫が、このようなサービスを探してきました。

 

スキー板をチューニングしてくれるサービスだそうです。シーズンの終わりに、次のシーズンまでスキー板を保管してくれます。

 


お預かりメンテナンスサービス|スキー&スノーボードお預かりメンテナンス

 

値段もお手頃で、これぐらいなら…と思えるお値段。

 

この手のサービスにしては、板だけでなく、オプション料金でブーツ、ウェア、ストックまで預かってくれるのが良いのだそう。

 

  • スキー板チューニング&1年預かり 6,900円
  • ブーツ 防臭・防菌加工付き 1,000円
  • ウェア クリーニング&保管 5,000円
  • ストック 保管 1,000円

 

トータル1年間、13,900円。

 

ウェアとダウンジャケットだけ預かってくれるサービス

夫がついでに見つけてきたのが、ウェアなどを9ヶ月タダで預かってくれるクリーニング。

 

預かり料は、クリーニング代に含まれているとのことでスキーウェア以外にも、かさばるコートやダウンジャケットを預けられます。

 

クロークネット

 

これはこれでいいのですが、今回はスキー板をチューニングしてくれるところに、ウェアも一緒に預けるということになりました。

 

夫も、どうどうとスキー板のチューニングを使うことが出来て、嬉しいとのことでした。

 

私も、ワックスのにおいで具合が悪くなるほどだったので、スッキリ。良かったと思います。

page top