バイクコンテナでの盗難対策 トランクルームへの収納

バイクコンテナでの盗難対策 トランクルームへの収納

バイクコンテナでの盗難対策

バイクコンテナでの盗難対策

バイクコンテナから盗難されることあるの?

バイクの盗難に関しては悪質なものが増えており、被害を未然に防ぐ対策が必要とされています。屋外型コンテナはバイクガレージとして効果的で、盗難を未然に防ぐための対策として有効です。そのためバイクコンテナ(トランクルーム)を用いて、愛車を安全に保管することが一番です。例えばバイクカバーをかけていれば汚れを防止できる上、人が触れるわけではないので、盗難を防ぐことができます。利用者以外が入れない・使用できないようなセキュリティを整えたり、防犯カメラなどを設置しておくなど、予防策で済ませるよりもはるかに効果を期待できます。また、レンタルコンテナを利用する場合は、盗難保証で載せるメリットもありますし、活用箇所やセキュリティについても最適なものを選ぶことで不安を少なくすることが可能です。
足立区でレンタルボックス探す!バイクを預けられるところは?

バイクコンテナから盗難の手口は?

重要なのは盗難を防止するための工夫です。バイクコンテナは盗難対策に有効なもので、ガードレールからの切断や破壊を防ぐだけでなく、物理的に通過できない構造となっています。また、トランクルームなども安全性を高めるツールとなりますが、頻繁に開閉が必要なことや、南京錠でロックしないといけないなどの細かい点があるため、防犯性には限界があります。これらのプロテクションツールを最大限に活用して、金属コードなどを使い、バイクをアースロックして、他の社外の付属品を増やせば、バイクの盗難を最大限に防止できます。

盗難されやすいバイクとは

盗難被害が増加する中、盗難されやすいバイクといえば、ハーレー、BMWのS1000RR、DUCATIのスクランブラーSixty2、トライアンフのデイトナ675/Rなどの高額車がワースト1位にランクインしています。また、ヤマハのビーノやジョグ、ホンダのPCX125などの人気のある車種も盗難されやすいとされています。外車保有のためにガレージを設置するなど防護策を講じる必要があります。一方で、購入時に意識したり専用のセキュリティシステムを導入したりと、犯人からバイクを防いで住宅を守ることなど盗難対策を講じることが大切です。

トランクルームにバイクを預ける

バイクの収納に最適なトランクルームは、室内・室外型のコンテナ状の収納スペースです。排気量にかかわらず、サイズが収まればお預かりできます。安心と安全を確保してくれる、サイズや価格もバリエーション豊富なトランクルームで、バイクを預けるのがおすすめです。室内のブースも収納できるので、雨風からより完全に守ってくれます。さらにハローストレージなどのバイク用コンテナでは、清掃が行われ安心して預けることができます。盗難や損傷の心配がないため、気持ちよくバイクライフを楽しむことができます。
関連)ハローストレージの評判

バイクの盗難保険のおすすめ

バイクの盗難保険のおすすめとしては、SBIみんなのバイク盗難保険、ZuttoRideClub盗難保険、レッドバロンの盗難保険、メーカー系の盗難保険、HONDADREAM盗難補償、ClubYAMAHAMOTORCYCLE盗難保険、HARLEY-DAVIDSON盗難保険、BMWMOTORRAD盗難保険などがおすすめです。SBIみんなのバイク盗難保険は価格コスパを重視した方は最適で、ZuttoRideClubは加入条件が25歳以上、補償方法が現金補償、補償範囲がブレーキガード・ヘッドライト横かけなどの各種装置など全て特約付きととても充実しているのが特徴です。レッドバロンの盗難保険は保険金額は1年目が販売価格100%、2年目以降は60%の補償、加入条件はインターネット申込制とBL-10配備が必須と、他社と比べて厳しい制限がありますが、さらに長期契約なら保険金額の1%と非常に安い保険料で加入できるのも特長として挙げられます。また、全てのバイク保険で同様な諸クラブ企業では、ロードサービスの同時の加入がおすすめであることも注意が必要です。