サマリーポケットとミニクラの違い 宅配トランクルームの料金

サマリーポケットとミニクラの違い 宅配トランクルームの料金

サマリーポケットとミニクラのサービス・料金の違い

サマリーポケットとミニクラの違い

サマリーポケットとミニクラの違い

サマリーポケットとミニクラは宅配型トランクルームを提供するサービスであり、季節問わず荷物の保管に役立ちます。サマリーポケットとミニクラの大きな違いは、大型荷物の保管ができるかどうかという点です。サマリーポケットはスーツケース・スキー・スノーボード・ゴルフバッグの保管も取り扱っていますが、ミニクラでは対応していません。その他、料金プラン・預かり方・荷物の管理など利用者に合ったサービスを選ぶため、詳しい違いを徹底的に比較することをおすすめします。

寺田倉庫のminikuraの特徴

寺田倉庫のminikuraは、1箱275円/月~利用できる手軽で利便性の高い収納サービスです。美術品、ワインなどの保管管理で培われた保管品質をご提供しています。申し込みから荷物を梱包し預け入れまで自宅で完結し、預けた後でも必要な時の取出しやクリーニングをスマホやPCで楽々お申し込みが可能で、革新的な個品管理システムを導入しています。また、シェアリング特化型の物流プラットフォームを構築しているため、他の用途での利用を想定しています。寺田倉庫が72年間の経験から創りだしたminikuraは、安心で使いやすいサービスを提供しています。

サマリーポケットのメリット

サマリーポケットを使うメリットとしては、初期費用不要で月額250円~で安い料金かつ便利なサービスを受けることができます。部屋の洋服が減らせるため、お気に入りの洋服を捨てなくても部屋がスッキリすることも可能です。預け入れが無料なので、一歩も外に出なくていいというメリットもあります。保管環境はきちんとしており、梅雨時もカビの心配がなく、スマホで確認できて、さらに衣類クリーニングオプションなどもあります。しかし、取り出し料金が高いプランもあるので申し込み前にはきちんと確認をすることをお勧めします。
関連)サマリーポケットの評判

サマリーポケットのデメリット

サマリーポケットはリーズナブルな価格で荷物を預けるサービスですが、デメリットも多くあります。取り出すための手順が複雑で、クレジットカードやPaypalが必要になったり、預けられないものもあります。また、早期取り出し手数料が発生したり、取り出すには2ヶ月以内が必要だったりで、便利さには疑問が残ります。さらに、単箱保管以外の料金体系もあり、メッセージで管理できるのはスタンダードプランからとなっています。これなどから、サマリーポケットの評判は賛否両論となっているようです。

サマリーポケットよりミニクラが優れている点

月額275円~400円の特徴を持つminikura(ミニクラ)は、サマリーポケットよりもお得な収納サービスです。数箱分であれば、無料で預けれられ、デリバリーしたものは写真管理もでき、ヤフオク出品や衣類クリーニングなどもでき、サービス内容が豊富で、コストパフォーマンスに優れています。minikura(ミニクラ)の人気の秘密は、初期費用が安く、月額料金も低コスト、補償金額も充実していることにあります。また、アプリ上に画像を管理できるなど、サービスの心地よさも魅力です。minikura(ミニクラ)はコストパフォーマンスが優秀で、サマリーポケットよりもお得な収納サービスです。
関連)minikuraの評判

ミニクラよりサマリーポケットが優れている点

サマリーポケットとminikuraを比較したところ、サマリーポケットの方が優れている点がいくつもあります。サマリーポケットでは荷物を開封したり、開封済みの荷物を再スキャンする機能が、minikuraにはない点です。また、サマリーポケットでは画像を撮影したり、アプリ上で自分が預けたものを管理できるので、ミニクラよりも安心感が高いです。サマリーポケットは月額も安く、料金プランではminikuraよりも容量と重量が制限されていないため、衣類をハンガー保管したい場合などにはもってこいです。ミニクラにはヤフオク出品代行サービスや、アマゾンギフト券があるというメリットもあるので、安く安心して荷物を預けたいような場合はミニクラのほうが良いですが、サマリーポケットの方がいろいろな面で優れているのでおすすめです。