スーツの保管のおすすめ方法とポイント 長期の注意点

スーツの保管のおすすめ方法とポイント 長期の注意点

スーツの保管方法とポイント

スーツの保管方法とポイント

スーツの保管方法

スーツは1日着用したら、2日休ませるのが理想です。保管する場合はシワが自然に伸びるようにし、型崩れを防ぐため専用のハンガーを使用しましょう。ジャケットの肩の部分にフィットする肉厚なハンガーをかけ、型崩れ等を防ぐことを忘れないでください。収納する場所は風通しの良い部屋がベストです。また、収納ケースやビニールを使用せず、値の張るスーツを長持ちさせるためには軽く乾いた布地を使った綿の袋や、正しい歩き方でのお洗濯も忘れないでください。正しい保管方法を行えば、スーツの寿命を大きく伸ばすことができるでしょう。

クローゼットがないときスーツの収納はどうする?

クローゼットがない場合にスーツを収納する場合、収納方法は異なります。クローゼットを利用する場合は、吊るしの隙間を最低2cm以上に開けて収納するときれいな状態を長く保つことができます。また、収納ケースやバッグを使って畳みながら収納してもコンパクトにしまいこめます。押し入れで収納する際は、少し余裕を持たせて入れるようにし、上に入れるときは折り目が付きにくいようにしましょう。その他、スーツケースを専用の収納場所(クローゼット、押入れ、シューズクローク、ベッドやソファの下、ロフトや屋根裏、トランクルームやレンタルボックスなど)に置いたり、ハンガーラックなどで見せる収納できるなど、収納方法はさまざまです。ポイントは、長くきれいな状態を保つことです。大切なスーツを必要以上に劣化させないよう、洗濯や飾るのも適切な収納も重要です。
関連)服を収納する場所がもうない!どうすればいいの?

スーツを押入れに収納しても良い?

スーツを正しく収納することで、厚着や汗などの汚れから長持ちするための管理ができます。まずはハンガーを用いて収納しましょう。通気性が良く風通しが良い場所に移動させることもできます。また、スーツケース・キャリーケース・衣類収納から、プロが行う宅配クリーニングの無料保管機能もあり、ケースに入れて収納するのもおすすめです。出張などの機会には、収納バッグやキャリーバッグに入れて持参することも可能です。さらに、服自体にかけるカバーもあり、届いたそのままの服を収納するなら、服にかけたり、押入れ等に入れてある方が良いでしょう。次に、汗などの水分からの保護をするために季節やストレージを考慮して、汗止め消臭シートなども使うことが重要です。さらに、ケースなどにパッキングする際は、ケース内を空気でパンクしたりしないように注意してください。

スーツの上手なしまい方

スーツの収納方法は、出張時の持ち運びなどにも使用されますが、長期的な保管や毎日の収納においても正しい方法が必要です。隙間なく収納してはいけません。型崩れ・シワ・虫食いなどが原因で、思わぬタイミングで不都合が発生する場合があります。アイテム別にハンガーに吊るし収納し、たたんだ状態が長くなりすぎないように収納ケースやバッグを用意するなど、スーツの保管時には収納時の注意点を踏まえた上で、最適な空間で安全に収納しましょう。

スーツのカビ対策

スーツのカビ対策としては、ビニールカバーを外してクローゼットに入れる前に必ずストレートハンガーで伸ばすなどして柔らかく整えること、クローゼット内の湿気を除去するため除湿剤をおいたり換気したりすること、来て間もない時にはまず脱いでクローゼットに入れないようにすることがあげられます。その中で一番重要で効果的なのは定期的な洗濯や掃除で、古着や不活性な個体を取り除いてカビを予防することです。新しいスーツを手に入れた場合は、ビニールカバーは外し必ずストレートハンガーで伸ばし、湿気を除去するために少し別個の布袋に除湿剤入れて収納すると良いでしょう。不必要な衣類をなくして掃除を行うことも、カビ対策の一つです。また、新しく掃除をする場合は、アルコール消毒をしてカビが付着しないようにしましょう。

スーツ用のハンガーのおすすめ

スーツハンガーの購入を検討しているなら、大きく3種類(ジャケット用・スラックス用・ワイシャツ用)があることを覚えておくことが重要です。ジャケット用は木製ハンガーがおすすめで、専用の穴があってシワが付きにくいタイプがおすすめ。スラックス用は凹みにクリップが付いていて専用の吊り穴などがついているハンガーがおすすめです。ワイシャツ用はスラックス用と同じハンガーを使うこともできますが、単体のハンガーがおすすめです。サイズやデザインなどを合わせて選ぶのがポイントです。Amazon等で売れ筋ランキングを見ながらおすすめのくつろぎハンガーを探すのも良いでしょう。参考になるブランドとしてはTOKYOHANGER,シンコハンガー,Qualsen,ハンガーのタヤブラックなどが挙げられます。また、使用後は定期的に拭き洗いやお手入れを行うことで、長持ちさせることも可能です。詳細な選び方から正しい使い方まで専門サイトを参照することで確実な購入を行うことができます。