ピアノ保管におすすめのトランクルーム

ピアノ保管におすすめのトランクルーム

ピアノ保管におすすめのトランクルーム

ピアノ保管におすすめのトランクルーム

ピアノ保管におすすめのトランクルーム

 

しばらく使わないピアノを保管したい!っていうときに、どこのトランクルームが良さそうでしょうか?

 

ピアノ保管におすすめのトランクルーム

 

ピアノは木で出来ているので、保管する場合には「湿度」が何より重要です。

 

湿度が低すぎると、木の部分が反ってしまいますし、湿度が高過ぎるとカビが生えてしまいます。屋外型のコンテナボックスなどは、時期によっては室温がとんでもなく上がるのでNGですね。

 

以下に、ピアノ保管に最適な、温度・湿度管理がされているトランクルームをランキングしてみました。

 

キュラーズ

湿度は常に60%以下、温度も一定に保たれているという、美術館並みの保管環境をほこるトランクルームです。高級ピアノもここなら安心。

 

>>>キュラーズ 特集ページヘ

 

ライゼボックス

温度・湿度が一定に保たれているトランクルーム。一般的なピアノを保管するなら、ここで十分。

 

>>>ライゼボックス 特集ページへ

 

ハローストレージ

屋内タイプに限りますが、温度・湿度管理がされているトランクルーム。上記2つに比べると、そこそこお値段手頃で、長期向け。

 

>>>ハローストレージ 特集ページへ

 

ピアノの保管の条件

ピアノ保管の条件
定期的な調律・管理を行う
ピアノを長く使い続けるために、定期的な調律・管理を行うことが重要です。定期的な調律を行うことで、ピアノの音程が正常に維持されるだけでなく、ピアノの内部構造の劣化を防ぐことができます。

 

保管場所の温度・室温を整える
ピアノを保管する部屋の環境を整えることが重要です。室内温度と湿度を常に安定させるようにしましょう。特に、湿度は30%から70%の間であることを確認してください。また、強い風などの強い外部からの風が入らないようにしましょう。

 

正しい輸送方法を使用する
ピアノを移動する際には、正しい輸送方法を使用することが重要です。移動を行う際は、専門業者に依頼することをお勧めします。また、車の内部空間を使用している場合は、適切な安定材を使用して、ピアノが振動せずに運搬できるようにしてください。

ピアノ保管のおすすめのまとめ

ピアノ保管のおすすめのまとめ
ごく短期なら、引っ越し業者の預かりサービスなどを利用するのも良いかも知れません。

 

トランクルームは、ピアノだけを保管するために借りると割高感があります。

 

家庭内のめったに使わない物を預けて、家を広く使うために活用すると良いかもしれません。(物置と化している部屋の荷物を預けて、部屋を有効に使えるようにするなど)

 

 

東京、神奈川、大阪などでピアノを保管してほしい!という場合、引越し業者や調律業者にて、保管サービスをおこなっている場合があります。だけど、けっこう割高なんですよね。土地代の安い地方だと、比較的リーズナブルなんですが…。業者に預けると保管料が高過ぎる!っという場合は、自前でトランクルームを借りると、だいぶ費用が抑えられます。ただし、念のため、ピアノ保管に適した環境かどうか、一度下見に行ったほうが良いでしょう。